専業主婦でも借りられる総量規制対象外のカードローンとは?

専業主婦がお金を借りようとするときには、総量規制対象外かどうかということについて慎重になる必要があります。総量規制というのは、その人の年収の三分の一までしかお金を借りられないようにする規制のことです。この規制があるために、専業主婦の立場は厳しいものとなります。専業主婦には本人に収入がありません。年収ゼロなのですから、その三分の一もやはりゼロとなり、総量規制対象の下では、1円もお金を借りられないという結論に達してしまうのです。
しかし、総量規制は全ての金融機関が対象となるわけでは決してありません。総量規制対象外の金融機関はあります。どういう金融機関が総量規制対象外かというと、端的に言って銀行です。つまり、銀行のカードローンであれば、専業主婦であっても借りられる可能性があります。誤解してはいけないのはあくまで可能性があるということであって、絶対に借りられるということではありません。門前払いされることはないということで、審査の結果として借りられる場合もあれば、借りられない場合もあるでしょう。
一方で、いわゆる消費者金融などは総量規制対象外ではありません。ですから、年収の三分の一までという規制をまともに受けることになります。
なお、最近ではイメージ的な意味でも、また実態としても、銀行と消費者金融との区別が分かりにくくなっています。思い込みで申込むのではなく、しっかりと調べてから申込むほうがよいでしょう。

http://souryoukisei-rank.club/